名古屋市千種区にあります眼科東山公園クリニックです。今週は事務長がブログを書かせて頂きます。

日曜日に滋賀県のローザンベリー多和田へ行きましたところ、なんとひつじのショーンがいました!
整理券をゲットできず一緒に写真撮影はできなかったのですが、
まさかショーンに会えるとは思っていなかったので感激でした笑

本物のヒツジもたくさんいてエサやり体験もできたのですが、小さなお子さん達は皆一様に泣き叫んでヒツジから逃げており、
「羊たちの沈黙」ならぬ「羊たちの困惑」でした。

冗談はさておき、どうも子供たちはヒツジの目がそもそも怖いようです。
確かに黒目(瞳孔)が細長いので怖いといえば怖いかもしれませんね。

しかしこの細長い目にはちゃんとした理由があり、天敵が来たらすぐに察知して逃げられるように視野を広げているようです。
具体的には左右270°から320°位は見ているようで、簡単に言うと背中以外は見えるという素晴らしい能力があります。
人間は左右180°から200°ですから見えてる世界が全然違うのでしょうね!
ちなみに暗い所では、人間と同じ様に瞳孔が開くようで、細長い黒目(瞳孔)がまん丸になるみたいです!

当クリニック近くにあります東山動植物園のふれあい広場にもヒツジがいますので、機会があれば目に注目してみてください。
後ろから触ろうとしても視野が広いので逃げられちゃうかも笑

フッタ
フッタ
フッタ
フッタ