こんにちは。名古屋市千種区にあります眼科東山公園クリニックです。今週は医療スタッフがブログを担当致します。
先日読んだ記事にとても驚いたので、こちらでご紹介しようと思います。
イギリスの10代の男子がジャンクフードやチップス類🍟ばかりを食べていたら、慢性栄養失調になって半分失明したという記事です。
これは英ブリストル大学🇬🇧が米国内科学会の学会誌に発表したものだそうです。
事実経過
(1) 疲れやすいと14歳の時、かかりつけ医に相談
体に別状なし。薬の服用なし。「偏食気味」と本人談。検査をするとビタミンB12不足で貧血気味が分かり、B12を処方し、正しい食生活を指導。
(2)1年後、耳が遠くなる症状が出て別の専門医へ紹介
同時に眼が見づらくなる症状も出ていたため、脳スキャンと眼の検査をするも原因特定出来ず。
(3)治療を施さないまま2年経過。視力みるみる減退
眼科へ行くも時既に遅く、視神経障害の段階に入っていた。遺伝性疾患まで含め、色々検査するも原因不明のまま精密検査でビタミンB12不足が確認されたので食生活を聞くと…
小学生の頃から噛みごたえのある食べ物は全て避けて、ほぼチップス類、白パン、加工肉のハム、ソーセージしか食べていない。ビタミンB12の注射も行っていたが止めてしまった、と。
更に詳しく調べると、銅、セレン、ビタミンDも不足していて骨密度が異常に低い事が分かったそうです。ビタミンDが不足すると骨が弱くなるのはよく聞く話ですよね。
今回のケースは視覚と聴覚が弱まる原因と見ることが出来ると研究班は発表しています。
この青年の偏食はかなり極端で、好き嫌いのレベルではなく「拒否型偏食障害」という精神疾患の基準に当てはまるそうです。
その後、栄養失調を補うサプリを服用し、摂食障害の精神カウンセリングも受けたおかげで視力低下は止まりましたが、失った視力は元には戻りませんでした。
青年は現在19歳で、難聴と弱視の問題が続いているとの事でした。
本当にレアケースのお話だと思いましたが、最初に受診した14歳での段階で全て解明されていれば、また結果は違ったのかも?と思うと心苦しいですし、青年の親の気持ちで考えると悔やみきれないと思います。
自分の子供に限らず、親も含め家族の様子を普段から気を付けて見つつ、違和感を感じたら後悔のないように行動しようと思いました。
先日のハロウィンイベント、無事に終了致しました🎃 お子様達に喜んで頂けて、スタッフ一同嬉しく思います。
ありがとうございました。
だんだん秋も深まり寒くなってきたので、お身体にはお気を付け下さい。
フッタ
フッタ
フッタ
フッタ