こんにちは。名古屋市千種区にあります眼科東山公園クリニックです。今週のブログ担当は検査スタッフです。
突然ですが、皆さんは災害対策はされていますか? 南海トラフ巨大地震の危険性が何年も前から言われる中、最近では水害☔など全国各地で色んな災害が起きています。備えをしておいて困ることはないと思います。
私の知人で東日本大震災で被災した人がいます。幸いご家族は全員無事で元気に暮らしています。その方の経験談を聞いたことがあったので、参考になればと思い、こちらに書きます。
まず懐中電灯。ご存知の情報かと思いますが、実は1つでは足りないそうで家族の人数分あるのが望ましいそうです。1つの場合、持って移動すると停電時はとても困るからだそうです。
そしてブルーシート。こちらは窓ガラスが割れた時にカバーしたりもできるのと日除けにもなります。

またペットボトルの水は期限切れも残しておくといいそうです。飲料用以外にも期限切れは手や身体を洗ったりお皿を洗ったりと使えるからです。

ゴミの回収がしばらく止まるとは思いますが、ゴミが多く出るのでゴミ袋の在庫を多く置いておくとよいとも言っていました。
我が家では専用リュックを2つ用意しています。中には食べ物、空気を入れて寝られるようなマット、簡易的な救急用具、などなど入っています。更に着替えなど入れるスペースがあります。
リュック自体にも反射板が付いていたり、火や水に強い素材になっています。
お子様がいる方は好きなお菓子を入れておくのもいいかもしれません。
普段使用している点眼薬や常備薬、メガネやコンタクトをご使用の方は予備のものを用意して入れておくと安心ですね。
意外と知ってそうで知らなさそうな体験談を載せてみました。何かのきっかけになれば幸いです✨
フッタ
フッタ
フッタ
フッタ