こんにちは。名古屋市千種区にあります眼科東山公園クリニックでございます。今回のブログは視能訓練士が担当いたします😌

少し肌寒くなって秋めいてきましたね🎵
猛暑のときと比べてお出掛けもしやすくなってきたので久しぶりに登山へ‥‥もちろんまだまだ、コロナウイルスも油断できないので、人が少ない山へ行ってきました🗻

コロナの影響で密にならずに楽しめるものとして、今登山が人気になってきているそうです🎵その事もあってか親子連れの登山者の方もチラホラいました😌
程よく風が吹く中での登山、そして久しぶりの登山だったこともあってか、とても気持ちがよかったです✨😆
バーナーでリッチにコーヒーを入れて緑と海が広がった絶景をみて癒されました❤️

 

ところで、目が疲れた時は緑色をみると良いときいたことはありませんか?✨私も遠くの緑を見なさいと言われてみてましたが、理由は分かっていませんでした‥‥😂

目は「光」によってモノを見ています。光の性質のひとつに、波長があり、いろんな波長の光が届いていますが、その中で見ることができるのは、380nm~780nmの範囲と言われています(可視光線)。緑色は、可視光線の中で真ん中付近にあたります。波長の長さが中間にあることで、波長の長いものや短いものに比べて、目に負担をかけずに知覚することができるそうです🎵

また色彩心理学の点からも、緑色は気持ちを安定させ、心や体の緊張をゆるめる効果があると言われています。体の緊張がほぐれれば、目も筋肉もゆるくなりますよね😚
さらに近いものより遠くもののほうが目の筋肉がゆるみます✨

是非、紅葉の時期に入る前に遠くの緑を見て疲労回復効果をさらにアップ目指して見てはいかがでしょうか😊

フッタ
フッタ
フッタ
フッタ