網膜硝子体疾患

網膜硝子体疾患は、主として網膜剥離、加齢黄斑変性、黄斑上膜、増殖糖尿病網膜症などを扱います。
網膜裂孔や網膜剥離、加齢黄斑変性症、網膜静脈閉塞症や網膜動脈閉塞症、糖尿病網膜症、ぶどう膜炎など多岐にわたります。
これらは視力低下の他、歪んで見えたり視野がかけて見えたり、飛蚊症(蚊のような物が飛んで見える)などで見つかる事が多いです。
難治性のものも多くあり、早期発見が予後を左右する事の多い疾患でも有ります。
その為的確な診断のもと、より効果を上げるための適切な治療が重要です。

フッタ
フッタ
フッタ
フッタ